2017 101234567891011121314151617181920212223242526272829302017 12






梅雨のアイドル

梅雨入りまで カウントダウンが始まりました。


ジメジメ、シトシト雨は 花の天敵。


でも、その梅雨時期にこそ

みんなから熱い視線を集める花もいますよね。




そう。 こちらのお方 ^ ^









5月21日のブログでもご紹介した

お店の 超巨大アナベル

日増しに大きくなってきています。

花が120以上はあると思われるのですが、

数が多すぎて 数えるのは断念… (*_*)




満開になるとこんな感じ。

ホント、清楚で美しいですね。

お買い求めやすい 鉢物サイズから苗まで。

アナベル 只今販売中です!







その他、只今販売中のアジサイ達をご紹介



カシワバアジサイ

迫力ある大きな花

大株になっているお宅を 時々見かけます。









ピラミッドアジサイ ノウム

一見、カシワバアジサイに似ているようですが、

葉の形も花も 全然違います。

こちらの方が より可愛らしい印象ですね。









ゼブラ

存在感際立つ、純白の萼(がく)片。

ただ このゼブラ、それだけじゃないんです。



ちょっと写真が分かりにくいけど…

なんと、茎が真っ黒なのです!



これは一般的な アジサイの茎

ね? 比べてみると一目瞭然でしょ。

ゼブラは茎にもこだわるオシャレさん。









マジカルレボリューション

花色の変化が楽しいアジサイ。

萼片が肉厚で、花持ちも とても良いんです。

ギフトにも最適 ◎









ユーミーラブ

萼(がく)片が バラのように細やかな品種

色の変わり方も上品で素敵です。









秋色アジサイ 西安(シーアン)

最近では すっかりメジャーになりつつある、

秋色アジサイ。


通常のアジサイより花持ちがグンと良く、

アンティークな色合いにファンが多いんです。







せっかく買って植えたアジサイ。

翌年咲いた時に、違う色に変わってしまい

残念な思いをした経験はありませんか?


そんな方にはコレ!

今は 色別の肥料もあるんです。

開花後のお礼肥と、冬の季節の寒肥に。

これなら確実ですね ◎















~おまけ~

先日、学生時代の恩師のお宅に遊びに行きました。


畜産で 大変お世話になった先生

アイガモ農法のスペシャリストです。
( 過去、著書もだしてあります )

現在は定年されて 悠々自適ライフ満喫中♪




ここの鶏小屋の主(あるじ)

大きなオスの 名古屋コーチン

私が写真をパシャパシャ撮っていたら、

背後から蹴られました! (T_T)


メスにちょっかい出してると思ったらしい。笑




お庭にある燻製器

こんなのがあと2台ありました。

学生時代、様々な食材を燻製にしたなぁ~。

燻製の煙は、私の青春の香りです。笑




フレンチブルの 「 ハチ 」

10歳の初老ワンコ

食欲は 未だ衰えず健在 w




本日のお目当てはコレ!

先生お手製の 十割蕎麦

ソバを種から蒔いて、育てて収穫する徹底ぶり。





「 蕎麦は鮮度が命だから。」

先生、趣味にしておくのがもったいない。

その手際 もはや職人の域… (゚o゚;;




人生初の 十割蕎麦

今まで食べていた蕎麦とは比較にならない程の風味とコシ!

これは箸が進みます。モグモグ。




先生お手製、鯛の尾頭付き燻製

あの… こんなに食べきれないです。。




こちらもお手製 スモークチキン

学生時代、鶏を卵から孵化させて、

ヒヨコを育てて 成鳥にしてから絞めて、

スモークチキンにした事があります。


今思えば、命の重さを知った大切な授業でした。




先生、また遊びに伺います。

お身体を壊されずに いつまでもお元気で!




[ 2016/05/30 ] 植物紹介 | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する