2017 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 09






秋の山野草

どうも、ふくてんです。


10月上旬、くじゅう野の花の郷に行ってきました。

お目当てはもちろん、秋の山野草達!



簡単ですがご紹介します。

お時間のある時にでも楽しんでいただければ幸いです。


゜゚・*




トップバッターはこれ ↓




秋の阿蘇、くじゅうといえば…

見渡す限りのススキ ススキ ススキ!







到着早々 大きなノコンギクがお出迎え。







そして側にはナゾのキノコ…

君、食べれる系?







通常、開花期は初夏なのですが…

ハナシノブにもギリギリ会えました。

以前もご紹介しましたが、世界でも阿蘇の一部にのみ自生している絶滅危惧種

ここでは、春に苗を植えてあります。
初夏に来れば花に会えますよ!







ミカエリソウ (見返り草)

名前の由来は、「振り返って見る程美しい姿」から。







お世辞でも歩きやすいとは言えない、朽ちた木の階段を登り、腰まである草をかき分けて行くと…







ワレモコウ発見

やがて花も終わりそう。







ハバヤマボクチ

枯れ草が目立つ中、ひときわ異彩を放っていました。







リンドウ

背の高い草達に遠慮するかのように、ひっそりと咲いています。







オミナエシ

花は終わっていましたが、黄金色で美しかった。







キクラゲかしら…?

さすがにキノコは専門外なので自信なし。
精進します。w






本日の目的の場所に到着!



ヤマトリカブトの群生地

開花期は8月~10月なので、ピークは残念ながら過ぎていました… 。




それでも見応えたっぷり。

何かと物騒なイメージの強いトリカブトですが、花はこんなにもキレイ。




針葉樹の下、涼しい場所で静かに咲いています。




花後はたくさんの種をつけます。

こうしてジワリジワリと生息範囲を広げるんですね。







ヨロヨロしながら坂を降りる途中…







ナガミノツルキケマン

危ない危ない。見落とす所だった。







お♪ いたいた。ホトトギス








ハギ

おとなしめな花が多い中、濃いピンクがいいアクセント







ヒゴタイもまだまだ頑張ってます。







アケボノソウ

こちらも残念ながら花は終わっていましたが、とてもキレイだったので。







アキノキリンソウ

ハチと花の争奪戦じゃ~







もうすぐ閉園時間

少し早めの17時まで。







アキチョウジ

見事な大株でした。







ラスト!

マムシグサの実

実は園のいたる所に出没していました。

厚生労働省のサイトにも記載されている有毒植物。

この実は甘いらしく、食すればたちまち口内のしびれ、腫れ、針を刺すような痛み…

チャレンジしてみたいけど、さすがにやめとこ。。





帰路…



山の夕暮れは早い。

そして寒かった… ヽ(;▽;)ノ













~おまけ~



日課の夜の散歩

散々走り回ってご満悦の様子。

( テンションが上がりすぎると木に登るのでヒヤヒヤ )


小さな指ボタン2緑
[ 2014/10/14 ] プライベート | TB(-) | CM(-)