2017 051234567891011121314151617181920212223242526272829302017 07






ヒゴタイ公園


阿蘇郡 産山村にある、ヒゴタイ公園に行ってきました。






わぁ~!

北海道を彷彿とさせる風景








入場するなりさっそく、ヒゴタイがお出迎え ^ ^






ヒゴタイ: キク科 / ヒゴタイ属

レッドデータブックにも記載されている絶滅危惧種

かつては、西日本の広い地域に自生していたらしいのですが…
環境破壊や乱獲などにより、今となっては阿蘇の限られた地域にのみ、自生しています。








カワラナデシコ






カワラナデシコの淡いピンクが、ヒゴタイとの相性バッチリ◎







にしても広い… 延々この景色。

しかしこの一見地味な草原が、野草好きには宝の山だったりする。

(//∇//)








お、 いたいた。 マツムシソウ







モジズリ

ネジバナという名前の方が有名ですね!

何故かネジバナを見つけると、ラッキーな気分 ♪







フジバカマ

秋の七草の一つ。
秋はすぐそこまで来てます…








ヤマトラノオ

優しいブルーだけど、しっかりした存在感








ミソハギ

とにかく生育旺盛のようで…^^;

雑草と混生しながらいたる所から出没!







オミナエシ

これまた発見。 秋の七草の一つ
お盆でも活躍してもらいました。







お? あのオレンジ色は…






コオニユリみ~つけた。







こちらもユリ科の花 ユウスゲ

夕方から開花し、翌日の午前中に花はしおれてしまいます。








いくら産山村が涼しいからって…

あなた、まだ咲いてるの? (°_°)





後ろ髪を引かれる思いで帰路へ…





車に乗り込んだ途端、大粒の雨が降り始めました。
ギリギリセーフ!







ちなみに…





この写真は ルリタマアザミ

この季節、生花でよくお店に置いてありますが、ヒゴタイではありません!


ヒゴタイは、ヒゴタイ属 / 日本原産

ルリタマアザミは、エキノプス属 / ヨーロッパ原産


簡単な見極めとしては、葉が一番分かりやすいです。
ヒゴタイの葉は小さくてトゲが多い事に対し、ルリタマアザミは広葉でやわらかいです。









~おまけ~


実はヒゴタイ公園に行く前、池山水源に行ってきました。



名水百選にも選ばれています。






骨まで旨し。 イワナ丸焼き

その場で釣って、じっくり焼いていただきました。











ここの看板猫 タマ (と呼ばれている。)

お腹をモフられたり、肉球をプニプニされてもひたすらに眠り続ける。。

3年前から、近所のお宅から毎日通ってくるらしく、今ではタマ目当てのリピーターさんも多いんだとか。^ ^




投稿者:ふくてん

小さな指ボタン2緑
[ 2014/08/19 ] スタッフのつぶやき | TB(-) | CM(-)