2017 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 11






野草園散策記

今日はお休みでした。

大分県玖珠郡九重町の、
くじゅう野の花の郷に行ってきました。



まだまだ山はこの状態
ようやく長い冬から目覚めた様子です。






スタート早々何だろ? この珍妙な子は…

図鑑で調べてみた所、
アミガサタケというキノコらしいです。

発育条件が揃うのが非常に難しい、中々お目にかかれないシロモノ
生食はNGですが、高級フランス料理の食材として有名だとか。
た、食べてみたい…







あ、 たらの芽みっけ






眠りから目覚めたばかりのゼンマイ
春の味覚が続きますねぇ♪ ジュルリ







よかった~まだ咲いていて!
今日のお目当ての子、カタクリの花です。



九州では難しいとされている、カタクリの群生地です。
この光景をずっと見たかったんです。
感無量…







敷き藁で寒さ対策
郷の美観を崩さない、細やかなお手入れが行き届いています。







トリカブトの群生地

数年前にここで見た、一面のトリカブトの花が脳裏に焼き付いて離れませんでした。
坂の下までずっと続いています。



また会えて嬉しいよ。
花の季節に必ず来るからね*・゜゚・*:.。..。.:*・:.。. .。.:*・゜゚・*







ショウジョウバカマ / ユリ科

まだ枯れ草の目立つ山肌を、明るく照らしていました。







カンアオイ / ウマノスズクサ科

稀少な日本固有種です。
残念ながら、見つけた株には花がついていなかったので…



カンアオイの花
外の売店に花付き苗がありましたのでちょいと失礼♪
なんともユニークで、不思議な魅力を放っています。







けっして華やかさはないけれど…
シックで凛とした魅力を放つ、バイモユリ







期待しながらも、時期が遅いかな?なんて考えていたら…
いましたフクジュソウ



フクジュソウの群生
これもまた、ここまで来ないと出会えない光景です。







シラネアオイ / キンポウゲ科

こちらも日本固有種で、一科一属です。
控え目な早春の花が多い中、大きな花びらがひときわ目立っていました。







ニリンソウ / キンポウゲ科

若い葉を春の味覚として食するらしいです。
しかし、ヤマトリカブトと似ている為、中毒事故もおきています。
要注意!







ジロボウエンゴサク / ケシ科

ユニークな花です。
可愛い花姿とは裏腹に、全草に有毒成分を含んでいます。
間違って食べてしまうと嘔吐…







サクラソウ / サクラソウ科

絶滅危惧種の指定を受けています。
こんなにも愛らしい花、いつまでも守り続けたいですね。








マムシグサ / サトイモ科

見つけた瞬間…
あ!と、声をあげてしまいました。
2~3株発見したのですが、咲いていたのは一輪だけ。
何て今日はラッキーな日なんだろう。







オキナグサ / キンポウゲ科

こちらも絶滅危惧種!
家族で行ったのですが、偶然、弟が見つけてくれました。
危なかった~見逃す所だった。







ハナシノブ / ハナシノブ科

こちらも絶滅危惧種!
世界的に見ても、阿蘇の特定の地域のみに自生していると言われています。

開花期は5~7月
次は必ず、その貴重な花を拝ませていただきましょう。







帰り道の阿蘇にて…




ご存知の方もいらっしゃるかと思います。
ものすごい数の、ツゲのトピアリーがある場所!




いやぁ…こうして間近でみると圧巻

鳥、亀、何故か侍?武将?のモチーフが目立ちました。
何か一貫性のテーマがあるのか?




そして…
阿蘇は黄スミレが一面に咲いていました!






今日は、お目当てのカタクリの群生も見れたし、充実した一日となりました。

最後に、野草園の名前と場所を思い出せなかった私に、わざわざ調べて教えて下さったM上さん、本当にありがとうございました。感謝!
\(^o^)/




*・゜゚・*:.。..。.:*・*・゜゚・*


投稿者:副店長あみ
[ 2013/04/13 ] スタッフのつぶやき | TB(-) | CM(-)