女3人ぶらり旅2017

実は、



20日に 臨時でお休みをいただきました。

( 21日はもともと定休日 )




山口県へ 一泊二日で旅行に行きました。


店長、ふくてん、ち~ぼぅの

女3人 珍道中の旅。




いつもの花ブログとは関連がないので、

おまけとして掲載するはずだったのですが、

予想以上に写真が多くて w




番外編ですが 小旅行の様子を掲載します。

ご興味のある方は 見て下さい。



(´-`).。oO








まずは新幹線を乗り継ぎ、 新山口駅へ。



そこから、

レトロな列車に乗って、

予定にはなかった 津和野へGO!


( のちに、津和野は島根県である事に気付くのであった。 )







ゴトン ゴトン…


選択肢は 各駅停車しかなく、


山陰の 山深い地形をひしひしと感じながら

のんびり揺られる事 1時間半…







妙に 列車の旅が似合う 店長








慌ただしい日常を忘れ、

レトロな景色に しばし心を奪われました。







津和野に到着

津和野は 「 山陰の小京都 」と呼ばれる町

それは風情のある 城下町なのだけど…


あまりに この日が悪すぎた。涙

傘を飛ばしそうな 風、雨、風 !

((((;゚Д゚)))))))






嵐から逃げるように 飛び込んだ蕎麦屋

テレビでドキュメンタリーが撮られるほど

有名店らしい。


凍えた体を温めるように食べた、

釜揚げの 十割蕎麦…


いろんな意味で忘れられない味になりました。






ずぶ濡れブーツで 津和野を出発し、


今回の宿泊地 湯田温泉へ

ビッグな白狐のお出迎え

その昔、白狐が傷を癒した事が

ここの温泉の由来らしい。








松田屋ホテル

明治維新の志士達も利用した 老舗中の老舗








部屋からは日本庭園が一望できました。

細部にまで手入れが行き届いています。


これぞジャパ~ン








女3人では使い切れない広さのお部屋

ああ。 もう一泊したかったなぁ。







夕食にて。

おお! これぞTHE ふぐ刺し!

贅沢の極みや~







西郷隆盛や 坂本龍馬も入ったと言われる、

「 維新の湯 」に入浴しました。

幕末を駆け抜けた志士達も、

この温に浸かりながら 未来を語り合ったのだろうか。







次の日の朝…


後ろ髪を引かれる思いで松田屋ホテルを後にし、

店長たっての希望で、

朝のオープンと同時に 中原中也記念館へ。


たったの30分という強行スケジュール!


予想以上の 素晴らしい空間だっただけに、

ああ。 無念すぎる… 涙







更に 女3人の欲張りな旅は続く。





中原中也記念館を出た後 レンタカーで萩へ。


まずは 松陰神社へ行きました。

写真は 敷地内にある 松下村塾


のちに 初代内閣総理大臣となる伊藤博文も

若き頃 ここで学びました。







鎖国時代の日本に生まれ、

遠い 異国の地を夢見た 吉田松陰…


危険思想の持ち主とみなされ、

安政の大獄にて 処刑されてしまいます。

あなたは 生まれた時代が早すぎたのですね。

今のグローバルな日本を見たらどう思うかな。




私は今、「 すまほ 」 なるもので、

「 ぶろぐ 」 とやらを書いているんです。







旅のラストは、

萩の 城下町巡りを堪能して、

萩焼の器を 思い出に購入しました。








たった1泊2日ですが、

ノスタルジックな 良き旅となりました。






さあ、しっかり充電したし、

お店頑張るゾ~!


W(`0`)W


















~ のら俺と チビ農場長 ~


女3人が旅行中、

のら俺さんと チビ農場長はお留守番


ありがとうございます。


お二人のお陰で、

安心してお店を留守にできました。 笑







ポチッとあなたが押してくれたら
「 ぶろぐ 」とやらを頑張れます。
[ 2017/02/26 ] プライベート | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する