2017 04123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 06






かしばるしつげん -Part3-





注 : part1 と part2 を見ていない方は、

先にそちらから見て下さい。






さあ さあ、

3回に分けて ご紹介してきました、

樫原湿原で生きる ユニークな植物たち。


今日の part 3で 植物編は終了です。











ヤマハギ / マメ科

ハギ類は咲き始め

これから秋に向けて どんどん咲きます。










ミズトンボ / ラン科 ( 絶滅危惧II種 )

緑色がさわやかな ラン科の植物です。

盛夏が花期で、

ラッキーな事に 今年の第1号に出会えました。










天然の水苔ゾーン

なんとも良質そうな水苔… (´Д` )


でもここの水苔は 取ったらダメですよ。

ここ一帯は 特別保護区なので、

警察にしょっぴかれてしまいます。笑










コバギボウシ / ユリ科

園芸的に呼ぶと ホスタ


ポピュラーな花なので、

日当たり~半日陰の場所で見かける事ができます。










ヒメキンミズヒキ / バラ科

バラ科特有の ギザギザした葉をしています。

地味な花ですが、美しい黄色が目を引きますね。










アキノタムラソウ / シソ科

学名は salvia japonica ( サルビア ジャポニカ )

そう。 日本原産のサルビアです。


どうしてこうも、日本出身の植物達って、

優しげな雰囲気が多いんでしょう。










ナンバンギセル / ハマウツボ科

有名な 寄生植物です。

葉緑素を持っていないので、

自分で成長する事ができません。



写真からも見て分かるように、

イネ科や カヤツリグサ科の 根に寄生して

ひっそりと花を咲かせるんです。





実は 今回見たかった植物 NO.1

いつもタイミングが悪くて、

野生で咲いているナンバンギセルを

見た事がなかったのです。

ラッキー♪










オミナエシ / オミナエシ科

秋の七草の一つでもありますね。

漢字では 「 女郎花 」と書きます。


女郎とまず聞けば、

遊廓の 遊女を連想する人も多いと思います。


私も実際 そう思っていました。


でも それは間違いで、

本来 女郎とは 貴族令嬢への敬称らしいです。

なので、「 位の高い 気品ある花 」

という事なんだそうです。


へ~ びっくり。










オトコエシ / オミナエシ科

オミナエシはご存知でも、

オトコエシは ご存知無い方が多いのでは?


オミナエシは茎が細く 女性的であるのに対し、

オトコエシは 茎も葉も大きく

男性的である事から名付けられたそうです。



秋の七草にも入り有名な オミナエシ。

キレイな白花なのに 知名度が無い オトコエシ…


今日を機に 覚えてあげて下さい ^^;










ユウスゲ / ユリ科

夕方から咲き始めるから ユウスゲ

ちょうど帰り頃から咲き始めました。


田舎の 古き良き風景。










ラストを締めくくるのは…

ワレモコウ / バラ科 佐賀県準絶滅危惧種

まだまだ咲き始め。

これからワレモコウは 開花期を迎えます。










今回はいつになく たくさんの種類に出会え、

充実した気持ちでいっぱいです ◎








がんばった自分へのご褒美に …

樫原湿原の入口にある、

湖守屋さんでいただきました。



あ~ ホント 身体に染みた!

ε-(´∀`; )











お疲れ様 がわりに

ポチッと押していただけたら嬉しいです。

↓↓↓↓↓
[ 2016/08/13 ] プライベート | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する